iPhone6が故障!! |埼玉でのiPhone修理ならiFC埼玉戸田店

意外に勘違いされている人が多い、iPhone6が故障した際の修理持ち込み先キャリアショップで購入したiPhone6が万一故障してしまったら、当然ほとんどの方はそのキャリアショップに持ち込めば修理してもらえるとお考えでしょう。 ところが実際には、他の会社から出ているスマートフォンの場合は普通に修理を受け付けてくれるのですが、唯一iPhoneに関しては受付を拒否されてしまいます。 実はお手持ちのiPhoneが故障してしまった際の受付窓口というのは、Apple直営店のアップルストアか、正規サービスプロバイダーと呼ばれる認定店でしか行ってもらえません。 当然これらのお店にiPhone6の修理を依頼した場合、手元に戻ってきた際には中のデータは綺麗に消去されてしまっていますから、持ち込む前にはデータのバックアップを取っておく必要があり、一般的にはiCloudを使用して行います。 なおこのiCloudはストレージ容量5Gバイトまでが無料となっており、そこから容量が増えるごとに課金されていき、最大の1Tバイトを選択すると月額2400円支払う必要があります。 ただ一般的なiPhone6ユーザーの使い方であれば、月額400円の500Gバイトもあれば十分バックアップ容量的にお釣りがきますから、無理して大容量のコースをわざわざ契約する必要はありません。

コメントを残す