iphone5cのバックカメラを修理するには | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

iphone5cのバックカメラを修理するには

iphone5cのバックカメラは、機械いじりに自信がある人なら自分でも修理することができます。
まず、電源をオフにして専用の工具を使ってSIMカードを取り外します。
それから、本体の下のLightningコネクタの両側のネジを外しますが、このネジは特殊な形状のため、専用のドライバーを用意する必要があります。
次にフロントパネルを開きますが、イヤースピーカーの方から外そうとしますと画面と接続しているケーブルを切ってしまうおそれがあります。
また、パネルは強くはまっていて外しにくくなっていることもありますので、そういった場合はプラスチックのヘラを差し込みながら慎重に外していきましょう。

フロントパネルを開けたら、次はケーブルを固定している板を外す作業をします。

このときもヘラを使って丁寧に取り外しましょう。
これでバックカメラを取り出し、交換できるようになります。
このように、iphone5cのバックカメラを交換するには専用の道具を自分で取りそろえる必要があるうえ、慎重に作業を進めていくことが求められます。
また、静電気による故障を防止するため、静電気防止用の手袋をはめて作業を行わなければなりません。
もし自分で交換する自信がないときは、専門店でバックカメラを修理することも検討してみましょう。

コメントを残す