iphone4sのバッテリーが効かなくなったら修理に出すべし | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

iphone4sのバッテリーが効かなくなったら修理に出すべし
iphone4sをはじめスマホは2年に1度程度、買い替えたほうがいいとよく言われます。
まだ使えるのに、そんなに短期のスパンで交換するのかと不思議に思われるかもしれません。
ですが、全体を動かすエネルギー供給源であるバッテリーは、およそ2年で寿命が来ます。
使用頻度が多い方なら、1年ほどで寿命が来るケースもあります。
バッテリーの寿命が来るのと、2年も経てばそろそろ新機種も登場しているので、ちょうど交換時期だというのが、メーカーや家電量販店などの謳い文句です。
もっとも、せっかく高いお金を出して手に入れ、愛着もあるわけですから、まだまだ使い続けたいという方もいることでしょう。

その場合にはバッテリーの交換が必要になります。

というのは、あくまでもバッテリーは消耗品で寿命が来るからです。
およそ2年すれば、購入時に比べて50%ほどしか充電できなくなってしまいます。
充電の持ちが悪くなり非効率なため、修理に出してバッテリーを交換してもらいましょう。
また、寿命以外でもよく落とす方はバッテリーが弱ったり、上手く接続できなくなっているケースがあります。
水没や湿気もバッテリーの腐食の原因になります。
こうしたケースが思い当たり、最近、直ぐに充電残量がなくなるという方は、やはり修理に出すのがおすすめです。

コメントを残す