壊れやすいドックコネクタの不調はアイフォン修理店へ

壊れやすいドックコネクタの不調はアイフォン修理店へアイフォンで重要なパーツの一つでもあるドックコネクタは、非常に故障しやすい部品です。 ドックコネクタの不調はなるべく早い時期にアイフォン修理店へ持ち込み、修理依頼をするのが一番です。 しかしながらアイフォンユーザーにとっては、なかなかドックコネクタの不調については気付かない場合もあります。 そこでドックコネクタの不調に気付くためのチェックポイントをご紹介します。充電ケーブルを使用しての充電ができなくなる充電器で充電しているのにもかかわらず、フルまで充電しにくくなったり、パソコンで接続できるのにもかかわらず、充電ケーブルを使用しての充電ができなくなることはありませんか。 スピーカー機能が使えなくなったことはありませんか。 充電差し込み口がある充電パーツ部分マイクの不調はありませんか。 飲料水をこぼしたことはありませんか。 ペットがなめたり、乳幼児がなめたりすることはありませんでしたか。 もしこれらの事例が思い浮かぶことがあれば、ドックコネクタが劣化していたり、コネクタ自体がショートして本体の中で焦げていることもあります。 アイフォンの本体の中ではドックコネクタは重要なパーツで、5つの部品と繋がっています。ドックコネクタはすぐに新品と交換一つめは充電差し込み口がある充電パーツ部分で、二つめは、ボイスレコーダーアプリで使用されるマイク、三つめはスピーカー接続部品、四つ目はホームボタン接続部品、五つ目はマザーボード接続部品です。 小さなドックコネクタ部品一つに、5つの大切な機能部品をつないでいるので、劣化したドックコネクタはすぐに新品と交換しなければ、5つの機能を失うことになってしまうのです。 そこで、不調については早い段階で気づき、専門店にアイフォン修理を依頼することが一番でしょう。 またドックコネクタは、アイフォンを毎日充電するため、非常に壊れやすい部分でもあります。 故障原因で一番多いのが、水やコーヒーなどで液体が浸水することです。 アイフォンを取り扱うときには、水による浸水には気をつけて大切に扱うことが大切です。

コメントを残す