万が一の故障によるアイフォン修理で正規店と非正規店での修理の違いとは

万が一の故障によるアイフォン修理で正規店と非正規店での修理の違いとはアイフォンが故障してしまった場合は、やむを得ず修理に出さなければなりません。 個人的なレベルで余計なことをすれば、元々修理できたものが修理不能となってしまうケースもあります。 そこでアイフォンが故障した際、トラブルを起こした際は、アップルつまり正規店へ修理に出すか、街中やネット上のアイフォン修理業者、つまり非正規店に出すことになります。 最近は、アイフォン利用者の中で非正規店の業者へ依頼する人数が増えています。 多くのアイフォンユーザーが非正規店を利用するには、何か理由があるでしょう。では、正規店と非正規店ではどのような違いがあるのでしょうか。まず、非正規店を利用する大きな理由としては、修理費用の安さと言えます。 ユーザーにとって、故障内容の中でも多く締めているのが、落下などによるディスプレイの破損です。 街中やネットのアイフォン修理業者では、このアイフォンのディスプレイ交換は最新機種でなければ軒並み1万円未満の費用で修理が可能となっています。 アイフォンユーザーでメーカーサポートAppleCare+に9800円で加入している方は、保障があるためアイフォン5Sなら7800円で修理してもらえますが、加入していないユーザーは1万円どころか高額な費用がかかるため、非正規店で修理すれば、AppleCare+未加入者の半額程度で修理することができるのです。 また、この他にも正規店と非正規店の修理の違いとしては、修理の際の端末内のデータの扱い方に差があります。 正規店では個人情報保護の観点によって端末の保存データを消去して修理を行うことが基本となっています。 一方の非正規店の業者では基本データには特に触れることない状態で修理を行うため、故障した端末のデータを保存して生かしたまま修理ができるという点です。 つまり、正規店では修理後にiTunesやiCloudのバックアップデータを再度復元しなければなりませんが、非正規店ではそのような手間がないという点です。 このように、非正規店を使うことにより費用の削減やデータ保存した状態で修理できるため、修理後の手間の削減という理由で非正規店でのアイフォン修理に人気が集中しているのです。しかし、もし非正規店で一回でも修理をした場合、今後正規店アップル社のサポート外になってしまい、メーカーによる修理だけでなくサポートも受けられなくなってしまうというデメリットがあります。 さらに、メーカーや正規の委託修理業者以外の事業者が端末を分解などすると電波法に触れる可能性が出てきます。 そのため、非正規店で修理を受けたユーザーは電波法違反に問われる可能性があるという点が挙げられます。 双方の違いの中でメリット、デメリットをよく見極め、皆さんによりよい方法で修理をご依頼することをおすすめします。

コメントを残す