ホームボタンが効かなくなったiphone6の修理 | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

ホームボタンが効かなくなったiphone6の修理iphone6のホームボタンが物理的に押しにくい場合や、押しても正常に作動しない場合、修理が必要になります。 修理の流れとしては、まず、iphone6を分解し、基盤の端子が接触している部分を慎重かつ丁寧にクリーニングします。 そのうえでパーツの交換を行わなければなりません。 分解すると分かりますが、パーツそれぞれに分かれているというよりは、一まとめのセット構造になっています。 そのため、ホームボタン関連のパーツは現在、故障している部分と同様に脆弱性が否めません。 弱い理由は、ホームボタンの裏のシリコンゴムが外れやすいことにあります。 シリコンゴムは、端子の接触パーツとクッションの両方を兼務する優れた構造で、iphone6の心地いい柔らかい触感もここからきています。 ですが、外れてしまうとホームボタンが反応しなくなってしまうのです。 ホームボタンだけを直しても、また同じトラブルが起こる虞があるため、全ての関連パーツを交換してしまうことで、耐久性を高めることが可能です。 そこで、修理店に持ち込むと、ボタンのみを修理するのではなく、パーツ交換を勧められることが少なくありません。 つまり、ホームボタンだけでなく、修理の機会にスリープおよび電源ボタンも交換するのもおすすめです。

コメントを残す