フロントパネル交換が必要なiphone4sの修理ケースとは | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

フロントパネル交換が必要なiphone4sの修理ケースとはiphoneは、その機種ごとにデザインや構造が異なっています。 iphone4sの場合、表面のガラス面とデジタイザーと呼ばれるタッチセンサー部分、そして、内部の液晶が一体化された構造になっています。 そのため、いずれの部分にトラブルが起きたとしても、フロントパネルごとの交換が必要になります。 たとえば、うっかり落とした衝撃でガラス面にヒビが入った場合、タッチセンサーも反応しなくなる虞があるどころか、うっかり触ると指をケガする場合があるので注意が必要です。 この場合に液晶は無事であったとしても、液晶ごとフロントパネル全体を交換します。液晶というのは漢字の名称通り、結晶化した液体構造となっているため、わずかな衝撃でも結晶が崩れて、内部で液体が漏れだす虞もあります。そうすると、化学的な成分が本体内部を浸食し、他の機能にも影響を与えてトラブルの元となります。 そのため、衝撃が加わったら液晶も交換するのが理に適っているのです。 一方、液晶にドットが入ったり、水濡れなどで水滴などが入ったというときも、大変危険です。 操作できるから問題ないと使っているうちに、内部に液晶が流れ出る虞も否めません。 やはり、早急に修理店に持ち込み、フロントパネルの交換がおすすめです。

コメントを残す