フロントパネルを壊して直したいiphone6の修理 | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

フロントパネルを壊して直したいiphone6の修理iphone6は耐久性を強めた強化ガラスを使っているといっても、それには限度があります。 落とし方が悪かったり、強い衝撃が加わるとガラス面が割れ、蜘蛛の巣上に広がってしまいます。 かなり酷い見た目になるので買い替えが必要かと焦る方も多いですが、衝撃で本体内部まで損傷していなければ、フロントパネルを交換するだけで済みます。 一方、最近は様々なパーツが手に入るので、ご自身で修理されるケースとして最も多いのもこのフロントパネル部分です。 タッチパネル機能であるデジタイザや液晶と一体化しているため、単にパネルの張り替えではなく、液晶端子やデジタイザ端子のケーブルと繋ぎ合わせる必要があります。デジタイザ端子はとても柔らかいので、うっかり切断してしまう虞があります。そうなると起動はできても、全くタッチが反応せず、せっかく買ったパーツも無駄になります。 修理店の中にはご自身で修理しようと試みたものの、途中で分からなくなったケースや、直したつもりが正常に動作しないといったケースでも、対応してくれるところがあります。 フロントパネルの修理は修理店の方に任せれば、あっという間に作業が終わります。 一方、修理しようとして分解して壊してしまった場合は、正規店では修理対象外となるので注意しなければなりません。

コメントを残す