バッテリーはスマホにとっての命

■バッテリーはスマホにとっての命スマートフォンを利用する中ではバッテリーの消耗が早い場合もあり、自宅や職場の双方で充電できるよう機器を備えている方もいれば、それだけでは賄えず大容量のモバイルバッテリーをカバンに入れている方も多く見受けられます。 なぜバッテリーが早く消耗するのでしょうか、これは使用しているアプリが原因である場合やスマホを購入してから年数が経ちバッテリー自体が劣化していることも原因に挙げられるのですが、いずれにせよスマホは仕事や家庭生活には必須のものであり素早く電池レベルを回復しておかなければなりません。ただアイフォンユーザーは経験したことがあるかと思いますが、コンセントに繋いでも充電できなくなることもあり、急いでいる時に限ってそうしたトラブルに見舞われることもあるのですが、何か良い対処方法はあるのでしょうか。■原因別の対処方法①まずアイフォンがフリーズしている場合についてですが、これは端末内でデータの処理に時間が掛かっていることが考えられますので、対応としては一度電源を切り再起動させると良いでしょう。 またコンセントに刺したにも関わらずコンセントマークが表示され続ける場合は、極端にバッテリー残量が減っていたことが原因として考えられますので、この場合はコンセントにそのまま指し続けていれば15分ほどを経過したところである程度のバッテリーが回復し、表示も正常な状態に戻ります。■原因別の対処方法②続いてアイフォンが充電できなくなったときに確認すべきは本体だけでなくケーブルやコネクタなどで、断線やUSBの不具合、刺し込み口の消耗、純正品以外の使用、などが原因として考えられます。 このケースでは家族や知人に純正品のケーブルを借りてそちらで充電できるようであれば、お持ちのケーブルが原因と判断することができます。 またそれ以外ではバッテリーの経年劣化もまた原因として挙げられ、この場合はバッテリーの交換が必要になります。

コメントを残す