バイブレーターがおかしいiphone6を修理するには | アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

バイブレーターがおかしいiphone6を修理するにはiphone6のバイブレーター機能は、音をさせずに着信に気づけるマナーモードとして働くだけでなく、バイブで通知をしてくれるという便利な働きがあります。 側面のボタンをオンにするだけの簡単操作ですが、オンにしたのに機能しないということがたまにあります。 もっとも、知っておいて欲しいのはカメラのシャッター音などは、マナーモードでも音が出ます。 修理が必要になるケースは、電話の着信音やメール通知音がマナーモードにしたのに、音が鳴ってしまうケースです。 この場合は、内部システムに何らかの不具合が生じていることがほとんどです。 ただし、いったん電源を切って立ち上げ直したり、再起動すると正常に動くこともあります。まずは起動し直してみて、それでも正常に作動しない場合は修理に出しましょう。何が原因で発生しているかを突き止め、バイブレーターモーターの交換や接続機器の交換を行います。 一方、内部トラブルでの故障のほか、外部からの衝撃で故障するケースもあります。 端末本体より切り替えボタンが突出しているため、うっかり落とした衝撃や、強く押し過ぎたり、乱暴に扱ったなど、外部からの圧力でボタン自体が故障することもあります。 この場合は、ボタンの交換も必要ですが、やはり修理店で行うのがスムーズです。

コメントを残す