アイフォン修理する前には必ずバックアップをして大切なデーターを守りましょう

アイフォン修理する前には必ずバックアップをして大切なデーターを守りましょう

毎日使っているアイフォンの調子が悪い、画面にヒビが入ってしまったり、液晶が漏れてしまったりして、修理しなければならないことがあります。
専門店でアイフォン修理を依頼する前に、必ず自宅でやっておきたいことが一つあります。
それは、バックアップを取ることです。
詳しいやり方については、取扱説明書に書かれていますが、さらにバックアップファイルを二重にしてとっておけば完璧です。

無くしたくない重要なデーターがある方は、普段から定期的に行っておく

データーを復元したい時に役立ちますので、無くしたくない重要なデーターがある方は、普段から定期的に行っておくように心がけましょう。
通常のバックアップ方法は、ツールバーから、編集を選び、設定を選びます。
デバイスメニューから、右クリックでバックアップを選択し、日付を選択して完了です。
さらにデーターを守るために、二重にバックアップをしておきましょう。

自分の持っているパソコンに残しデーターを守る

アイフォンのバックアップデーターをさらに自分の持っているパソコンに残しデーターを守る方法です。
パソコンでは、アイフォンのアップデーターは隠しファイルに分類されます。
そこで隠しファイルを表示させます。
表示の仕方は、フォルダツールバーから整理を選択し、フォルダと検索のオプションから表示を選択すると、隠しファイル、隠しフォルダ及び、隠しドライブを表示するが出てくるので、項目をチェックすると、画面に出すことができます。
バックアップのファイル場所がこれで、出てくるので、次はいよいよ二重バックアップをします。
保存先をオンラインストレージや外付けのHDDにバックアップをすることができるので、バックアップ先を選択してから、ファイルをコピーすれば完成です。
これでアイフォンの二重バックアップができたので、万が一、修理に出した先でデーターが消えてしまった場合でも、安心です。
ちなみにオンラインストレージとは、インターネット上でデーターを保管することが出来るスペースのことです。
無料で利用できるものは、広告表示などがありますが、100MBぐらいまでのデーターが保管できるので、使い勝手も割といいでしょう。

コメントを残す