『iPhone』水没時の応急処置|埼玉のiPhone修理ならiFC埼玉戸田店

iPhoneの水没で、修理に出す前にしたい応急処置大切なiPhoneを水没させてしまうという失敗は、案外多いです。 いつも身近に置いてある必需品だからこそのトラブルですが、このような時はまず落ち着いて、冷静に対応しましょう。 まずは、乾かすことを考えなければなりませんが、ドライヤーなどを用いて急激に乾かすのは逆効果です。 タオルで表面の水分を拭き取り、電源が入っているなら、すぐに電源を落とします。 間違っても、充電ケーブルを挿したりしてはいけません。 表面の水分を粗方拭き取ったら、カバーやヘッドホンピアスなどのアクセサリー類を外し、更に拭き取ります。 次に、SIMカードを抜き取り、ティッシュペーパーなどに挟んで水分を取ります。 小さいカードですので、無くさないように大切に保管しておきましょう。 次に、ヘッドホン端子やDockコネクタに付いた水分を拭き取ります。 ティッシュやキッチンペーパーなどをコヨリのような状態にして、奥の方の水分も丁寧に吸い取らせます。 その他の隙間も同様にして吸い取らせて下さい。 早く乾かそうとして、パタパタと振ってしまいたくなりますが、これは絶対にやめましょう。 iPhone本体はもちろんですが、SIMカードも振ってはいけません。 その後、口をファスナーで止められるタイプのビニール袋に、iPhoneと、お菓子や海苔などに付いている乾燥剤を2~3個、丸めたティッシュをいくつか一緒に入れ、ほのかに温かい場所に置いておきます。 PCの電源アダプターや、ルーターなど、高温になり過ぎない場所が良いでしょう。 このまま数日置き、充分に乾燥させてから電源を入れ、動作確認をしてみて下さい。 具合が悪いようなら、修理に出す必要があります。

コメントを残す