iphone5のフロントカメラを自分で修理する方法| アイフォン修理埼玉なら埼玉戸田店(埼玉県さいたま)

iphone5のフロントカメラを自分で修理する方法iphone5のフロントカメラは小さなものですが、意外にも故障が生じやすく、フロントカメラのシャッターが開かずに真っ暗になっているという状態になる事があります。 このままではビデオ通話やカメラに写すことができないので不便に感じる方もいらっしゃるでしょう。 このような故障の場合は、フロントカメラを交換せざるを得なくなることが多いわけですが、個人レベルで交換することも可能です。ただ、細かく分解する作業ですから、機械が苦手という方は無理に行わない方がよいでしょう。まずは本体の電源を切って下さい。 通電していない事を確認してから、SIM専用工具にてSIMを取り外して下さい。 その後、本体の下部にあるLightningコネクタの両端に付いているネジを取り外します。 これもペンタローブと呼ばれる特殊なねじが使われているので、ペンタローブを取り外しできるドライバーを用意しておきましょう。フロントパネルを開く際は、吸盤を使うと便利です。ホームボタンに近い側に吸盤をくっつけてゆっくり引っ張ってみましょう。 その後、イヤースピーカー側にある液晶画面やロジックボードとデジタイザを接続するケーブルの固定板を外して下さい。 ねじで固定されているのでねじをそれぞれ取り外します。 それから、次に液晶画面、デジタイザ、フロントカメラなどロジックボードを接続するケーブルをプラスチック製のヘラで取り外しましょう。 ケーブルが外れたことにより、フロントパネルと本体が離れます。 そして、イヤースピーカーと固定板を取り外し、フロントパネルと近接センサー部品が付いているケーブルを取り外しましょう。 メインボードと接続端子の裏がフロントパネルに貼り付けられている状態ですから、マイナスドライバーなどではがすと便利です。 端子部分が外せたら、あとはユニット全体を持ち、取り外せば完了です。 この後フロントカメラの部品を購入し、新しいものと交換しましょう。 フロントカメラや、工具などはインターネットでどなたでも購入することが可能です。

コメントを残す